鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 稲を刈ろう | main | 猪には1メートル >>

今年の南瓜たち

今年はなぜか、元気です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。天然酵母パンをフライパンで!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

去年初めて栽培して、ほぼ撃沈だった南瓜。子供の頃は食べなかった南瓜でしたが、煮ても焼いても美味く、日持ちするとあっては栽培せずにはいられません。幸い、自給程度なら十分広い畑がありますので(ほんとはトマト用ですが、青枯れが続いたのでトマトはしばらくお休み中)。





今年は3種類。いずれも採取の種です。右のなんともいえない奇妙な?形の南瓜は親友からもらった種で、親友もある友人からもらったという経緯で、巡り巡ってうちに来てくれたということに。その友人の方は今年で7代目でしたかね?、毎年種取りされていて、うちんくかぼちゃ、と命名されてます。真ん中の南瓜は去年、種屋さんから買って名前はうんまいかぼちゃ・・・。確かに美味しかったのですが、どうにも、ねぇ。今年で2代目。南瓜らしい名前にしようとおもい、僕のホームグラウンドが正が谷という地名なので、正が谷南瓜ということに。左はバターナッツ南瓜です。
で、無事に夏越しした南瓜たちもやっぱり今の気候がお気に入りのようで、ずんずん茎を伸ばしてます。真ん中の南瓜は夏でも元気でもうすでに7mくらい育って、一体どこまで育つのやら。画像はありませんが、バターナッツで夏にはまだ葉っぱが3,4枚しかついてなかった株もずんずん。右画像のうちんくも葉っぱが枯れた場所から腋芽がずんずん伸びようとしてますので、ひょっとしたら実るかも。
南瓜を栽培したら草まるけにしてしまうと心配してましたが、畝上にまっすぐに茎を伸ばして栽培したら草刈りしやすく、杞憂でした。これなら来年は増やせそうです。根付いてさえくれれば、栽培は容易ですので。来年は生で食べる南瓜も栽培してみたい。
今日、初うちんく。早速、醤油とみりんで煮込んでみましたが、美味い!
火がすぐに通って簡単便利。夜はちょっと冷え込んできましたので、煮物が食べたくなる季節になりました。
来年、3代目を目指します。
















食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
大豆ペプチドに関する最新情報を掲載ソイヤって? 
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
ソイヤ−野菜栽培 | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。天然酵母パンをフライパンで!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
大豆ペプチドに関する最新情報を掲載ソイヤって? 
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

うちんくのナンキンが、そちらで無事に成って種採りも出来そうで、嬉しいです。
美味しかったですか?良かったぁ。
良い土のおかげで、去年のものより、きっとうんと美味しくなっているんでしょう。
来年7世代目なのは、唐辛子の鬼あきたです。
ナンキンの方は、私も自家採種のものをいただいて
栽培を始めましたので
さて、正確には今年で何世代目になるのか・・・・・。
前の方が2〜3年育てたとして、私が2年。
少なくとも、今年のナンキンは5世代目にはなっていると思います。
来年は6世代目。固定種となる日も近そうです。
正が谷で、どんなナンキンになっていくのか
楽しみです〜〜〜〜〜。
はるの | 2015/09/25 8:59 PM
間違ってましたか〜、ご指摘おおきにです。
無事に種取りできました。
今夜、皮を切り落とすのを忘れて煮込んでしまいましたが、無事に食べられました。
南瓜の種類にもよるでしょうけど、これは便利です。
来年もひよこ型になるのか、楽しみです!
RyugoH | 2015/09/25 10:26 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/1930
この記事に対するトラックバック