鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 回復中 | main | 今年の南瓜たち >>

稲を刈ろう

例年よりちょっと早いけど。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

先日、猪に突破された時に見落としていた侵入口を急遽補修。



竹を切り倒して最上段に。あと1段取り付ければ腐らない限り、さすがに入れないはず。他の場所も腐ってないか、チェックしないと。うちの在所、ほとんど耕作放棄でわずかの田んぼもほとんど稲刈りが終わったので、残るはここだけだからロックオン。獲物はここしかありません。ま、毎年のことですが。
週間予報ではずっと晴れマークが続き、稲刈り日和なので稲刈り開始。鎌でザクザク刈っていきます。とりあえず入り口付近を刈って稲木の場所を確保し、なぎ倒されたあたりも刈ります。草刈機では刈れないので。
猪のことを考えると、ちまちま刈ってあまり日数をかけたくはないのですが、足腰にかなり負担がかかるので突破されないことを祈るしか・・・。この状態で散らかされたら、さすがに頭に血が上りますからねぇ。
今年は実りがいいのか、去年よりもまっすぐに立ってない株が多く、草刈機で効率よく刈れるかどうかもちょっと心配。なにがなんでも1年分のお米を確保しないといけないので、焦りつつもぼちぼち刈るとしますかね。
稲刈りを体験してみたい方がいらっしゃったら、大歓迎です。なにももてなしはできませんが、お越しくださいませ。JR吉富駅から歩いて10分くらい。棚田から駅が見える距離です。















食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
大豆ペプチドに関する最新情報を掲載ソイヤって? 
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
お米つくり | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
大豆ペプチドに関する最新情報を掲載ソイヤって? 
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/1929
この記事に対するトラックバック