鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 今年は夏バテ知らず | main | ヒエミアタラズ >>

宿題代行

数日間、夏休みを過ごしてました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

8月に入ってから連日、猛暑が続いています。あまりに暑いのでちょっと早いのですが夏休みにして、トマトの潅水作業以外はお休み。ついでにPCからもほとんど離れてました。で、今夜から再開です。
先日、新聞の夕刊に宿題の意義という題のコラムが掲載されてました。その中で、夏休みが3ヶ月間あるというイタリアで、チェーザレ・カタさんという学校の先生が出した15項目の宿題が大絶賛されているらしい。お名前で検索するとヒットし、あー、こんな先生がいらっしゃるのか!、と。ぜひ検索して読んでみてください。
新聞の掲載記事には続きがあって、日本では「宿題代行」というビジネスがメディアに取り上げられるほど流行っているらしい。目を疑うような文章で、読書感想文や自由研究などを有料で業者が請け負うそうな。なんでも、子供は塾で忙しいから親が業者に頼むケースがあるんだとか。
はぁ???
いやまぁ、確かに、子供が業者に頼むケースはまずないだろうし、頼むのは金を払う親でしょうよ。そもそも(←ここらあたりからヒートアップします)、こんなビジネスをやろうという発想がどうかしている。金になれば法に触れなければなんでもありですか?、宿題をだしている学校の先生をあまりにも愚弄していませんか?、このビジネスの社会的意義はなんですか?
親も親だ。だいたい、子供が忙しいほどに習い事に通わせるほうがどうかしている(と僕はおもうが、親の心理は未経験の僕にはわからん)。忙しいのはもっと大きくなってからでええやんとおもう。子供本人が塾が好きで好きでたまらない!ってんなら話は別ですが、いやー、そんな子供はいないでしょう。そんな子供を想像したくないし、できんわ。
そこはともかく、大事なことは学校と塾とどっちが大事かではなく、己に課されたことを己の力で解決することを一つ一つ積み重ねていくことであって、社会に出れば、己に課されることよりも自ら課すことのほうがはるかに重く、それを解決することによって成長していくもの。それをアンタ、子供のうちからいわば、親が金で解決するなんてことをすれば、子供の成長弊害そのものではないか。
子供が不憫である。
















食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
事業 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/1900
この記事に対するトラックバック