鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 今年もお手植え祭り月間 | main | ミスタートマト物語、十五の巻。育苗失敗で・・・ >>

バターナッツを食べている人がいる

さすがに心配になってきたので、切ってみました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

去年初めて、ちょこっとだけ獲れたバターナッツカボチャ。お菓子つくりにぴったりですが、普通に炒めて食べてもそれなりに美味しかったので、今年は米ぬかを与えてたくさん獲りたいと育苗中。直蒔きも行っているので、期待してます。たくさん獲れたら加工品も♪
で、晩秋に収穫したバターナッツカボチャを室温保存してましたが、3月になって腐り始めたので食べつくしました。ところがつい先日、パンの先生からメールが届いて冒頭の文章が。そういえば、晩秋に獲れたのを少しだけでしたが送りました。そのバターナッツカボチャがまだ腐りもせずに見た目普通に室温保存で残ってたそうで、右の画像がそのバターナッツカボチャ。外見は確かにごく普通です。でもいくら信州だからってねぇ、先生にとっても経験がないらしく最長記録だそうで。
外見は大丈夫でもさすがにもう晩春なので、中は腐ってるんじゃないかと心配になって切ってみたら、



腐るどころかみずみずしくて、なんの変化もない。でも、種の部分は?と思われて切ってみると、



こちらも変化なし。
う〜〜〜ん。なんでやろう?
ちなみに、このバターナッツカボチャは、こうなったそうで。



ご友人とティータイムに、冷たいゼリーで♪
色が綺麗!
肉質の柔らかさがゼリーと合う!
甘すぎず美味しい!
と皆さん感激していました、
だそうで。

僕も食べたかった、笑!
















食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
食物・健康 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/1849
この記事に対するトラックバック