鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 棚田B、あとはまつのみ | main | イネとヒエ >>

比較栽培、スタート

4年目にしてようやく。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

僕の在所は鹿と猪の獣害が激しく、なかなか止められなかったのですが、去年から作物被害はなくなりました。この冬に棚田に鹿がどうやら垂れ下がっていたネットを飛び越えて侵入していましたが、冬なので被害はなし。春になっても棚田にも畑にも侵入はなく、至って平穏な日々でございます。



組員さんに手伝ってもらいながら、木製パレットで柵を施した3畝ほどの畑も柵の完成後は侵入ゼロ。こんなことはこの地で新規就農してから初めてで、僕にとっては快挙です。長さ20mほどの畝が8列あり、メインの栽培はむろんトマトの予定なれど青枯れが12年と13年に大発生したので躊躇します。今は玉葱と2列だけ大蒜を。玉葱は8畝2列で栽培しているので、いたるところ玉葱だらけ。いくら長期保存できるからって・・・。
左の画像を撮影している位置の背中側に、右の画像に写る短い畝が。全部で4畝あって。片方は水だけ、他方にはソイヤを与えて比較栽培を。これがようやくできるようになりました。たったこれだけの面積ですが、長かったなぁ。獣害もありましたが、野良仕事の要領が悪かったので手が回らなかった、というのも理由のひとつです。
で、瓦のところには今、ジャガイモが育ってます。



うーん、対象物までの距離がかなり違う。左の画像がソイヤを与えている画像ですが、わざとこちらを大きく写そうとおもったわけでは・・・。瓦と比較しながらになりますが、明らかに左画像の株のほうが大きく育ってます。これ、3月22日にキトゥンカンパニーさんが体験に来てくれたときに種芋を右画像の畝に植えて、31日だったかに8個のうち4個を掘り起こして左画像の畝に植えなおし、そのときにソイヤを与えて、次に与えたのは今日。つまり、1回だけです。極めて順調!
気をつけないと、柵の隙間から小型のに侵入されるかもしれない。



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/1831
この記事に対するトラックバック