鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 日々の糧のために | main | 軽い焔の活かし方 >>

今年の露地畑で

そろそろ勘違いされそうなので。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

このところパンのことばかりだったので。この時期は毎年、グーもできない、指を曲げられない霜焼けになるので、1月はおとなしくしてました。でもさすがにそろそろ動き出さないと、春に間に合わないし、この時期に体力をつけないと1年を、特に暑い夏を乗り切れないので少しずつ。
移植した大根、小さいですがかろうじて育ちました。虫の被害が少なく、移植栽培を上手にできたら大きく育つのかも。冬の間の貴重な自給野菜の確保のため、試す価値があります。この畑に木製パレットの頑丈な防御柵を設置してからは鹿と猪が宴会することなく、畑として機能するようになったし、隅っこに育苗用の畝を作ってもいいかなぁ。メインはもちろんトマトですが、今年はかぼちゃもそこそこ栽培する予定です。去年の晩秋に収穫したバターナッツカボチャがまだ数個残っていて、貴重な食糧です。もう1種類のかぼちゃも室温で日持ちするのでね。
今、ここで栽培してる重要な作物が大蒜。今年は2畝だけですが、収穫した大蒜を秋に蒔いて増やす予定。トマトの栽培とほとんど重ならないので、数年後には本格的に。もう1つ栽培してるのが、玉葱。育てた苗を一体、何本移植したか・・・。小さくてもいいので、獲れてほしい。春に甘い玉葱、楽しみ♪














食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/1792
この記事に対するトラックバック