鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 手刈り収穫祭、2014 | main | レッドオーレ、最盛期の樹勢 >>

大豆の種子コーティング試験−津久井大豆編2014

朗報が神奈川から届きました!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今年の種まき直前に在来品種である津久井大豆農家さんを訪問して、比較栽培に取り組んでいただきました。以前に北海道の農家さんに試験していただいて、そのデータをもとに今年は各地で数件の農家さんに依頼しています。この試験では、ソイヤを20倍に薄めて、大豆の種を15秒浸けるだけ。たったこれだけ。その種をそのまま蒔いてもいいし、状況や都合によって一旦乾燥させてもいい。この方は忌避材を使用されているので、一旦乾燥させてから忌避材をコーティングして種まきを。
枝豆の収穫時期に、丁寧に3株ずつ抜いて比較撮影してくださいました。本来ならこっちがするべき作業なのですが遠方ということで、僕からは記録していただきたいと依頼しただけでしたが、農家さんが自主的にここまで行ってくださいました。感謝です!
右が種をソイヤ薄め液につけたほう、左が行わなかったほう。莢の数はわかりませんが、株全体が大きくて莢も多そうな感じです。農家さんからのお電話で第一声は、「根の張りが違いました。」
そう、それがソイヤの真骨頂!
根の発達促進は学術的に解明されていますが、不思議なのはたった1回浸けただけで促進されているってこと。販売している本人が不思議ってのもどうかとは思いますが、だって不思議だから(笑)
株元のアップも送ってくださいました。



根の量と茎の太さが、明らかに違います。農家さんの第一声がここだったことも頷けます。
さらには、



根粒菌のつき方にも差がありました。地下部も地上部も、全体的に株の生育が良い結果。これなら来年も、試していただけるでしょう。1反あたりにしたら、ソイヤの費用は数百円ですから。
大豆以外でも、今が種まき時期の豌豆、それから隠元や小豆など他の豆類でも同じような結果になるはずです。
















食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
大豆ペプチドに関する最新情報を掲載ソイヤって? 
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
ソイヤ−豆栽培 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
大豆ペプチドに関する最新情報を掲載ソイヤって? 
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/1693
この記事に対するトラックバック