鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 足りない手を補う | main | 玉ねぎ栽培の狙い >>

作物の価格

これがまた、難しいものでして。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ありがたいことに時折ですが、会ったことのない僕のトマトをブログやSNSで知って買ってくださる方がいらっしゃいます。朝市などでしたら、その場で僕の話を聞いて実物を見て買っていただけますが、ネットでのご注文は発送になり、一箱2,000円+送料を払って食べていただけることに感謝でいっぱいです。
話は変わりますが、黄金桃のコンポートを作りました♪



瓶に一体、何切れ入るやろか?ときっちり詰めたら、意外ときれいな出来栄えに。桃の剥き方も去年と比べて、ずいぶんと上手になったつもりです(笑)。一昨日のブログの方から、市場にだせないはねだし(傷みや日焼けなど)を送ってくださいました。はねだしといってもなかには、見た目にはそうかぁ?これが出回らんのかぁ・・・といった桃もあります。でも、それが基準なんでしょう。そのおかげで美味しい桃にありつけるのですが。
でもですねぇ、それなりの価値で消費されるのが本来の姿です。品目にもよるでしょうけど、果樹は種まきor小さい苗の定植から7年ほど経ってようやく収穫できて、味が乗るにはさらに2,3年かかると聞きます。10年経ってようやく収入になるってことに。それだけの年数を費やして、外皮にちょっと傷がついたので市場に出回らない、収入にならないでは果樹農業の継承が困難になるとおもいます。味にまったく遜色ないなら、相応の値段で取引されるのが正常です。
この農家さんは、農薬や化学肥料を減らす努力をされています。慣行栽培と比べると半分よりも少なめと聞いています。僕からその方には、農薬や化学肥料の使用量が少なくなればなるほど、買い取り価格を上げたいことを提示しています。そうなれば僕の加工原料費が高くなるので、お客さんに納得してもらう説明努力が必要ですが、果樹農家さんのモチベーションアップになるだろうし、少しでも良質なものをと一層努力していただけるはず。お互いの信頼関係が深まるはずです。購入者も含めてお互いに納得できる取引が、農業の活性化のすべてではないかと。
まだ開始時期は未定ですが、加工品の製造販売を進めています。果物のコンポートに、トマトピューレ←もちろんこれがメイン、他にもいくつか考えていて、季節に合わせて美味しい食材をお届けできるようがんばります!











食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
農業 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/1675
この記事に対するトラックバック