鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 酢の澱抑草、大きく前進 | main | トマトジャムとたまてばこ >>

白い仮説と黒い仮説

みなさんは、どう思われますかね?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。天然酵母パンをフライパンで!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

SNSの僕の投稿に、こんなコメントが入ってました。

トマトのくだりは、削除した方がイイかと。
当たり前過ぎて、笑えます。
誰が作っても腐りませんよ。
ウチ、以前トマトやってましたけど、普通に化学肥料も農薬も使いましたけど、自然栽培の方が良く言う「腐らずに枯れる」
の現象、当たり前に出ました。特別な事全くやってませんでしたよ。
なので、この現象は当たり前の現象です。

確かに笑えるコメントなので、いいね!を押しておきました。
トマトのくだりというのは、コメント内容からして、このブログの右上に表示されている文章のことでしょう。僕はこの人のことをまったく知りませんし、おそらくはこの人も僕のことをまったく知らないと思います。ネットにありがちとはいえ、最初の印象としては、状況確認することなく一方的な見方で物事を判断し、礼節を重んじない方だな、と。ま、そんなことはどうでもいいことで。
さて、この人の主張にはそもそも無理があります。この人のトマトは夏場に室温に放置しても、冷蔵庫にずっと入れていても腐らないのでしょう。それは問題ではありません。
因みに、腐らない場合は、こうなります。



水分が抜けて、干からびます。かなり小さく萎んでいるのは、おそらく2年前に収穫したトマトです(レッドオーレとシシリアンルージュ)。で、無理があるというのは、仮にこの人のトマトもこのようにまるごとドライトマトになったとしても、それが当たり前の現象には当てはまらないということ。この人や僕のトマトが該当しても、世の中にある他のトマトがどのくらいの確率で同じ現象になるのかを調査しないと、その仮説がどのくらい“白”に近いかはわかりません。よって、コメント内容の範囲で、その仮説を正しいと断定することは不可能です。ま、これもどうでもいいことでして。
気になるのは、「誰が栽培しても腐らない」がどの程度該当するのかということ。つまり、そういうトマトを栽培している人(プロアマ問わず)がどのくらいの割合で存在するのか、ということです。これは気になりますねぇ。その前に、「腐る」とはどういうことか、です。
腐るとは一般的に、細菌や菌類などの作用で物質が分解することをいいます。腐敗とは有機窒素を含む有機物が分解し、悪臭を放つ現象を指します。腐朽という言葉もありますが、これはセルロースやリグニンなど分解しにくい物質を含む、いわば木材が分解する現象で「木が腐る」といいますよね。ですが、この場合は悪臭を放ちませんので、腐る=悪臭を放つ現象ではありません。しかしながら、僕がブログタイトルで意味するのは腐敗の意味です。因みに、発酵も有機物の分解ですが、アルコール発酵に代表されるように、人が有効に活用している場合に用いる現象といっていいでしょう。他にも発酵のタイプはありますが、本題ではないので省略します。
で、本題は、世の中のトマト、市販されているトマトを冷蔵庫中で放置しても腐らないのか?ということです。この人の仮説によると、腐らないのです。ただし、ここで注意しないといけないのは、腐るという現象および理解を共有認識しているか、ということです。これがないと、片方は腐る!、他方は腐らない!と異なる主張になる可能性があります。が、それはいちいち確認していないので、ここでは強引に共有しているとします(笑)。まぁ、一般的には、悪臭を放つ前に廃棄処分されるでしょう。
多くのトマトが腐らない、多くの人が腐るのを経験したことがないのであれば、その仮説は限りなく白に近い仮説であり、その反対の場合は黒に近い仮説になります。黒い仮説は言い換えるとそれ、ウソとちゃうんかと判断する人が多い仮設になります。n数としては非常に少ないのでデータとしては不十分ですが、今までに消費者の方から買ったトマトが腐らなかったなんて話は、僕は聞いたことがないですね。因みに、僕のレッドオーレを買って3週間冷蔵庫にいれて長期間、少しずつ食べて味わってもらったお客さんがいらっしゃいます。1週間もすれば、グチュグチュになってもたないというお話はよく聞きます。
この件と関係なしに、僕のトマトと市販のトマトをガラス瓶に密封して、その変化を観察しようとおもってました。腐敗するのか、発酵するのか。楽しみです♪
あっ、因みに僕はいわゆる自然栽培ではありません。限りなくそれに近いですが、分類としては有機栽培になります。



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
大豆ペプチドに関する最新情報を掲載ソイヤって? 
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
食物・健康 | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。天然酵母パンをフライパンで!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
大豆ペプチドに関する最新情報を掲載ソイヤって? 
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

yamauchiです。ご無沙汰いたします。
なにもレスポンスが無いみたいなのでひとこと。

私の畑はご存知の通りですが、トマトに限らずどの野菜も腐ったり腐らなかったりします。

腐るかどうかはたくさんの条件が重なった結果ではないでしょうか?

私の野菜は腐るのかとたずねられれば、
「ちゃんと土にかえります」と、答えましょう。
yamuchi-t | 2014/08/26 9:22 PM
腐るか腐らないかは、ご意見の通りと思いますよ。
あとは、確率が高まる理由がどこにあるかってことになるのですが、投げかけた問いは「誰が栽培しても腐らない」がどうかってことでして。
腐る現象は普通に起こりうるってことですな。
RyugoH | 2014/08/26 11:02 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/1655
この記事に対するトラックバック