鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 最終手段 | main | 雨上がりの畑でやりたいこと >>

田んぼの酢の澱抑草、2014

単純に、酢の酸性で草の生育を止めようって魂胆です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

一応、棚田Aの手植えが終わったので、酢の澱を散布しました。2.3aだったかな、に9リットルをお玉で原液をバシャバシャ。中途半端な液量ですが、10リットルのバケツに9分目入れて運んだので。
今年は手植えを始めるまでに4回くらいはレーキ除草したので、生えてくるヒエやコナギはそれだけでも少なくなるかもしれませんが、生えてこないってことはありえないので、どの種類の草がどの程度生えてくるかで効果を確認できると思います。
以前、水口から流し込んだときは、おたまじゃくしなどの水生動物がとても苦しそうに悶えた様子になり、かわいそうなことをしてしまいましたので、今年はお玉でちょっとずつ。因みにこの画像は11回目だったかな、タイミングがなかなか取れず、ようやくの傑作です(笑)
今の田んぼはこんな感じ。
去年は水がなく、草が生え放題でした。その田んぼがご覧の通りで、手作業の耕起と除草としては、十分に自己満足な仕上がりです♪
あと2,3回、酢の澱を毎週散布する予定です。草を抑えられるかどうか、楽しみです。



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
お米つくり | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/1614
この記事に対するトラックバック