鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< メチル化カテキン、花粉症 | main | 来月の組活動、1404 >>

僕の棚田への歩き方

ご参加いただける方は、こちらの画像をよく見ておいてください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・お車の場合・・・縦貫道八木西IC下車、3分くらい。現地付近に数台駐車できます。妊婦さん・乳幼児さん同行のご家族・ハンディキャップをお持ちの方・電車に酔うなどの方優先にスペースを確保しますので、該当する方はお申込時にその旨をお伝え願います。駅付近に有料駐車場がありますが、朝のうちに満車になることが多いです。
・JRの場合・・・吉富駅下車、徒歩10分。京都駅から各停で約40分です。園部駅の一つ手前(京都より)です。乗車券大人片道570円です。



僕の田んぼから、JR吉富駅が見えます。一番高い山から目線を下へ、白く大きな階段があるのがそうです。駅付近の交差点からここまでは、踏み切りを渡って、左に田んぼが見えるように一本道を曲がらずに歩いてください。写真左にちょうどワゴン車が走っているの、わかります?



JR吉富駅からの図。田んぼ沿いの道を、景色を楽しみながらひたすら歩くと10分ほどで着きます。道沿いに並ぶ家並みが途切れるあたりが、僕の棚田です。棚田は一箇所しかなく、木の杭で囲ってますので、お近くに来られたらすぐにわかります。



八木西ICの出口付近です。出口を左折して9号線に向かって下さい。画像左の白く、屋根がフラットな建物(一方通行標識の奥)が、JR吉富駅です。



IC出口から1つ目の交差点をそのまま、まっすぐ走って下さい。すぐに踏切があります。この画像でいうと、交差点を左に曲がると、9号線沿いにあるJR吉富駅です。



一日300円の有料駐車場です。えっ?と思うでしょ。300円です、笑。週末でもけっこう止まってますので、ご利用の場合は早めに来てもらうほうがいいです。この道をひたすら、左手に田んぼが見えるように進んで下さい。電車で来られる方は、駅からこの駐車場の看板を探して、この道の位置を確認して下さい。2枚目の画像右端に、この看板が写ってます。

ご参加の皆様の主体性を尊重したいので、参加人数が多い場合はいくつか異なる作業を皆様で作業分担を決めていただいて、作業に取り組んでいただきます。もちろん、この作業は体力がいるなどのポイントをお伝えします。
真意を正確に伝えたいので少しきつい表現になりますが、自然の中での活動ですから、その日のお体の調子もあるでしょう、ご自身やお子様の体力をよく考えて行動して下さい。団体行動になります。みんながやってるから私1人が休めない・・・といった考えは、ここでは一切不要ですよ。休みたいときは休む。百姓道場ではありませんから、思い思いに休日を楽しく過ごして下さいね。週末に田舎でボーッと過ごす、でもイイですよ。

僕にとってはここがポイントですが、皆さんがイメージされている栽培の方法とおそらく、僕はかなり違うことをやってます。それはなぜなのか、僕なりに栽培について重要なことを日々必死に?考えて作物を世話してます。そういったこともお伝えできればと思ってます。ブログ愛読者の方は、その違いを知ってもらってると思いますが。農業本を参考に栽培されている方にとっては、えっ?と思われると思いますよ、クスッ!



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
南丹たんぼ組 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/1527
この記事に対するトラックバック