鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< トマトの発芽率は90% | main | 越冬人参の時期が今年も。 >>

作物の自給を目指して

天候が急変しましたね、今日は。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

異常なほど陽気な気候が数日続きましたが、一変して今日は気温が下がりました。京都ではマラソンが開催され、ランナーは体調管理が大変だったのではと思います。大会関係者には申し訳ないですが、今日は雨の予報だったので、雨が降ることを願って、起き掛け一番に畑に行って野良仕事を。
今年から棚田Cの横の手付かずだった場所で畑作をするため、このところ急ピッチで畝を拵えてました。三角ホー、1本で。草を削りつつ、少しずつ土を寄せて畝立てしてます。土を寄せすぎると、通路が排水不良になって雨の後に水溜りが発生、グチャグチャにして歩かなければならなくなりますのでね。そのため、今年は贅沢なほどに通路になる場所を広くとって、なるべく畝を高くできるように土を寄せてます。
で、早速、春作のトップバッターとしてジャガイモを植えました。2畝に2kg、まだ寒い日が来るやろうからちょっと早いかなと思ったのですが。これだけあれば、毎月出店しているほんびょうさんの朝市に少しは持ち込めるかな。少しでいいんですよ、持ち込む量は。毎回、季節の作物を並べてお客さんに楽しんでもらいたいなぁと思ってるので。この場所では大豆をメインに、芋類や根菜類、葱類、玉蜀黍もちょびっと栽培する予定です。10本くらい畝を作ったので、十分な広さがあります。お昼前から雨が降り出して、水遣り不要。思わずにんまり♪ 明日にでもソイヤを与えましょうかね。芋や根菜など、地下部を収穫する作物にソイヤはうってつけです。あっ、ほかの作物にもね(笑)。
葉物類はこっち。ここは去年から、自給用として始めています。が、ここの大半は今年からトマトに変更、色んなトマトを栽培しますのでお楽しみに!
で、写真の野菜はホウレンソウ。12月に種まきしてビニールで覆って保温して、あとはほったらかし、笑。育つもんですねぇ。大きくはないですが、保温さえしてあげれば、真冬でも育つことがわかったのは収穫です。この辺、僕は初心者レベルです。
葉物はここで続けて栽培して、さっきの場所とあわせて年中、己が栽培している作物を収穫するのが今年の目標の一つ。毎日同じ野菜が続いてもいいので、もやし以外は完全自給を!
キャリアの乏しい僕には、これがかなり難易度が高く、例えば猪に突破されれば即アウト。こういったトラブルもあるし、僕も常に健康で過ごす必要があります。
毎日自分が食べる分を、ちょこっと収穫する。憧れる生活を目指して!



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
栽培法 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/1316
この記事に対するトラックバック