鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 伝えるべきことがある。 | main | 今月の南たんたんぼ組、塩水選 >>

トマトの種まき、始めてます

今日から気分一新、ブログ再開です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

このところバタバタしたり、ちょっと意気消沈したり、数少ない思考回路をフル回転してウンウン考え事をしていたら夜はプシューッ!となったりで、ブログを更新できませんでした。ツイッターやFBはなんとか更新してましたが。それにこの2ヶ月間、ロケットストーブでずいぶんと楽しませてもらったので、たっぷり充電できましたのでね。
今月に入って、早速メイン2品種のレッドオーレとシシリアンルージュを種まきしました。



それと、トレイ穴が余っていたので、クッキングトマトのにたきこまも。地這い栽培で、初めての挑戦品種。果たして、どんな味なんでしょうかね、楽しみです。楽しみといえば、今年も結局なんだかんだと種を入手して、確か全部で21品種に。おいおいっ!って自分に言いたくなります、クスッ。試験栽培で5株程度の品種も含めてですが、どの畑でどの品種を何株植えるか、考えなきゃね。そんなに植えてちゃんと栽培できるんかいな?と自問自答の最近ですが、それが楽しみでもあります♪
今年の踏み込まず温床。わざわざ栃木から来ていただいた農家さんのやり方をまねて、ダンボールで囲いました。今までは藁で囲ってましたが、このほうが楽チンですし、貴重な藁を使わずに済みます。で、その中に一番下に落ち葉を敷いて、次に入手した野積みの籾殻と米ぬかを投入して三角ホーである程度混ぜて、一番上に籾殻を敷きました。今年は今までより多めであろう量を投入し、50度くらいをなるべく長期間キープできないもんかいな、と。
種まきした日はそれほど上がってきませんでしたので、翌日に散水してみると、思ったとおりに温床内の温度が50度台に上昇。でも籾殻がベッドになっているので、表層はだいたい20度くらいに。発芽を終えるまでこれが続いてくれると、今年の発芽率は期待できます。きっと高いはず。発芽しないと、シシリアンルージュはそのたびに50円がチャリーンと消えていきます。なるべく固定種をと考えてますが、この2品種は気に入っているので当分続きそうです。レッドオーレは変更する予定はないですが、シシリアンルージュより気に入った固定種のミニトマトを見つけたら、選手交代です。今年の試験栽培で見つかったらいいのですが。
今年は勝負の年です。ハウス栽培は4年目を迎えます。連作障害は4年目から出始めることがあると聞いてますので、あと2年続けて連作障害がでなければ、かなり信憑性の高い実績になります。それと、今年は夏バテさせないことも肝心で、策は立ててます。夏バテさせず、今年はソイヤの施与を今までより多めに与えてみます。味には自信がついてきたので、今年も同レベルの味なら、お取引していただけるはず。僕も夏バテしないことも大事。去年は8月末のこれから!というときに、帯状ヘルペス発症でしたからねぇ。あれは痛かった、身体もですが。
あっ、それと今年は諸事情のより、誠に恐縮ですが値上げを検討しております。ありがたくも、値段以上に高く評価していただくお声もちらほらと。それでも、それでも食べたい!と思っていただける方は、何卒今年もよろしゅうに。べらぼうには上げませんので。
一方、3年目の露地栽培。初年は5月末の豪雨でほぼ壊滅。去年はなんとか収穫期に入りましたが、僕が倒れたことや通路の排水不良などで、収穫期間はほんのわずかでした。露地は実割れが多発しますが、とにかく今年の目標は10月まで収穫すること。今年も400〜500株を定植する予定です。この露地が成功するかどうかが大きな鍵で、就農して5年以内に、つまりは2015年までにはなにがなんでも最低限食べていけるだけの収入を野良仕事で賄いたい。そのためには今年の栽培で目処をつける必要があります。実割れしても、味に納得していただければ、加工を依頼して農薬不使用・無添加の貴重なトマトペーストを作ることができます。
僕自身のためにも、ある人達のためにも、待っていて下さっているであろうお客さんのためにもがんばらねば!



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
トマト栽培 | comments(2) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

トマトの種まき始まったんですね!こうやって大事に育てられていくんですね。今年も楽しみにしてます!
i-kuchi | 2013/03/06 10:35 PM
今年は去年と比べて、拵えた温床がイイ塩梅なので、発芽日数が短いようです。陽気にも助けられてますしね。
今年もがんばります!
おおきにです。
RyugoH | 2013/03/07 8:26 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/1312
この記事に対するトラックバック
関西地方の農業/農園/農場/農家情報で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、紹介したいNPO活動のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。
役立つブログまとめ(社会貢献): 関西地方の農業/農園/農場/農家 by Good↑or Bad↓ | 役立つブログまとめ(社会貢献)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓ | 2013/03/10 6:29 PM