鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< しもやけ対策 | main | 今年の食費は >>

大繁殖の兆し

あの〜、冬はいずこに行かれたんでっしゃろか?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。天然酵母パンをフライパンで!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

と、思わず聞きたくなるポカポカ陽気でしたね、今日は。明日の京都は雨のようですが。この時期は水路の水をだ〜れも使わないので僕、使い放題!うふふ。先日、水路を掃除(石や葉っぱを除く)したことと、時折の雨で水量が豊富なので、3枚の棚田は満水状態が続いています。畦を補修したし、漏れもなし。多い時も安心です!
いや〜、ありがたい。途切れることなく冬水田んぼができればきっと、来シーズンは豊作が期待できます。ただ、チャレンジ精神旺盛で、来シーズンは直播きに挑戦します。今シーズン、たまたま稲苗が自生えで生長しているのに気がついてそのまま育てたら(←そのままにしておいたら)、ものすごい勢いで生長してたわわに実ってくれましたので。失敗した場合に備えて念のため、育苗もする予定ですが、、、。手植えの場合と違って抑草に失敗したら、直播き苗が生育しても果たしてどれだけ実ってくれるか。ま、やってみないとわからないですからね。わからないことをやるのが楽しい、仕事の醍醐味ってやつですな。

今日、棚田の畦を歩いて田んぼを観察していたら、棚田Bの隅っこにたっくさんの浮き草が浮いてました。小さくて定かではないですが多分、イチョウウキゴケです。小さいのがびっしりと浮かんでます。
冬水田んぼを春まで途切れることなく続けられたら、春には大繁殖してくれないかなぁ♪と期待してます。このイチョウウキゴケは、環境省のレッドデータブックにおいて絶滅危惧砧爐冒定されていて、1属1種、世界中に分布しているそうです。除草剤などを使っていない田んぼでよく見かけますが、割合にしたら少ないでしょうね。僕と交流して下さっているお百姓さんには多いのですが、ほとんどの田んぼで除草剤やら他の農薬やらを使ってますからね。近所に田んぼがあったら、探してみてください。日本では唯一、水面に浮かんで生活しているコケ類です。水面下に黒い毛が生えてるので、浮き草とすぐに見分けがつきますよ。
ところで、こちらも毎年見かけて気になってるんですが、なんて名前なのかなぁ。


スカラベの小さい版みたい。


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
大豆ペプチドに関する最新情報を掲載ソイヤって? 
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
生物・環境 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。天然酵母パンをフライパンで!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
大豆ペプチドに関する最新情報を掲載ソイヤって? 
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/1268
この記事に対するトラックバック