鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1年分、確保 | main | トマトの限界まで >>

南たんたんぼ組、舞台準備。

その前にご案内です。次の日曜日はほんびょうさんの朝市です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今月もチーム食の輪、出店します。今回は、滋賀からチームメンバーの堀田さんが来られます。お手製のお味噌などを持参されるご予定です。日曜日は晴れそうです、みなさんのお越しをお待ちしております。
で、今日の話。この冬からボチボチと始めていこうと思っているのですが、新たに借りた棚田で消費者のみなさんと栽培できるように、土を耕して獣害対策の柵を作っていこうと思ってます。将来は、消費者の皆さんに自分で育てたお米を食べられるように、僕はサポートで稲作をしたいなぁと企て中。もちろん、来年からすぐというわけにはいきません。参加される方には稲作の1年の工程にどんな作業があるかををある程度知ってもらい、体験してもらう必要があります。ま、それはかなり高度な取り組みで、それまでに僕の棚田での作業になるべく参加してもらって、その合間にちょっとずつこの棚田を整備していきます。
で、まず始めに柵を作って獣害を防ぐのが、当面の課題です。これを完成させないことには、何を栽培してもヤツラの胃袋に直行です。その柵ですが、金網(=自然に還らないもの)を使いたくないのですが、知人の伝でうってつけのものを入手できることになって引き取りに昨日、譲ってもらえる企業さんに2tトラックを借りて行って来ました。



約束の3時半ごろに到着。ありがたいことに、目的の木製パレットをフォークリフトで積んでもらって、手馴れた方にロープで止めてもらって、今後もよろしくと帰路に。帰ってきた時には真っ暗だったので、この日は荷台に積んだままで、翌日にパレットを下ろすことに。
僕の田畑に来てもらった方はご存知なのですが、棚田に通じる地道はとても狭く、軽自動車なら問題ないですが、セダンクラスは誰も通りません。それほどの道幅です。
最初は道の入り口にパレットを下ろして、1枚ずつ運ぶしかないなぁと思ってましたが、それはあまりにも面倒で時間がかかりすぎる。車幅と道幅を比べて、なんとか入れるんじゃないか?と、初めての2tトラックにも関わらず強行バック。もう、数センチの操作でしたが、なんとか入れました。やればできるもんだ!
ここまで入れたら、棚田の横にまで乗り付けられます。



この棚田はうまい具合に、道から少し高くなっていて、1人でも荷台からなんなく下ろせました。今回は40枚くらいをゲット!でも棚田全部を囲むことと、ハウス周りなどでも使いたいのとで、あと2回ほどは譲ってもらう必要があるかなぁ。まぁ、当分先ですが。
この冬には去年のように間伐させてもらって、杭を作って、このパレットで柵を作っていきます。これらの作業は重労働ですが、組の活動では他にも色んな作業がありますので、この活動に興味のある方はどなたでもご参加いただけます。百姓道場ではありませんので、参加したら指示された作業をせなあかん・・・というものではないですよ。自然の中で週末に汗を流したい方も、田舎で子供とのんびり過ごしたい方も、参加理由は様々。気楽にお越し下さい!
僕が出張でなければ、受け付けておりますが、この形式では参加しにくいですかね?開催日時を毎月ちゃんと決めたほうがいいでしょうかね。ん〜、どうでしょう。今のところ月に1回は日時を決めて活動して、それ以外の日でも参加したいご希望があれば、受け付けようと思ってます。平日でないと参加できない方もおられるでしょうしね。
自然に還るもので栽培された作物は、美味しいですよ。ぜひ、みんなで味わいましょう!



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/1235
この記事に対するトラックバック