鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ロジックマジック | main | 棚田A、稲刈りスタート! >>

これが、君だったんだ。

秋も深まり、夜温がずいぶんと下がってきました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

日中はとても過ごしやすい気候が続いてますが、最適気温は5℃くらいのが日があって気になりますが、トマトは霜さえおりなければ大丈夫です(※霜はふりませんね。おります)。このところのレッドオーレもシシリアンルージュもぶきぶき葉っぱを茂らせていますが、こちらもようやくといったところです。



今シーズン、食べていただけたのはほんの数人のお客さんですが、ピンキーという桃色のミニトマト。とっても甘く、子供さんや女性に密かな?人気です。写真のように花房がスラリと伸びるのが、ピンキーの本来のようです。今までこんなに花芽がつかなかったのですが、最近になってようやっと。米ぬかやソイヤは時折与えますが、草刈り以外は基本的にほったらかしなので、笑。気になる=収量を求める人なら、あれやこれや手を打って、この姿を性急するんでしょうけど。
他のカラフルのミニトマトと比べたら、ピンキーは寒さに強いのかなって感じです。来月には霜が降りるでしょうから、それまでに保温対策を施さねばなりません。保温さえしてあげればまだ当分、実ってくれるはずです。
今日はあっさりめに仕上げました、クスッ。



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
トマト栽培 | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

うちの桃太郎真夏より元気に沢山実を付けています。もうあかんやろうねえ〜。゚(゚´Д`゚)゚
ayaya | 2012/10/26 9:46 PM
気象庁の去年の南小松の観測データを見ると、11月下旬に霜がおりたのでは、の最低気温。
まだ大丈夫でしょう。
多くのトマトが青い段階で収穫してますから、もう霜がおりるという時に収穫して部屋に置いとけば、赤くなると思うんですよ。
完熟のように美味しくないでしょうけどね。
RyugoH | 2012/10/26 10:39 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/1217
この記事に対するトラックバック