鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ほんびょうさんの朝市、初出店。 | main | 南たんたんぼ組、秋の活動〜収穫祭〜 >>

絶句トマトの理由

ようやく、待ちに待った時期を迎えられそうです♪

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

本来ならとっくに迎えて出荷している時期なのですが、僕のミスでさぁこれからという8月末から2週間ほどの体調不良・・・泣。この間、水遣りすらできなかったのに、娘たちはなんとか踏ん張ってくれてました。感謝、感謝!



ハウスAのレッドオーレ(中玉)。なかでもこの位置の株は毎年、150株中ベストな生育。気温・地温・土の湿度など、最も嬉しい条件なんでしょう。因みに左の房には11個、その上の段の房(右写真)には20個が実ってます。な〜んにも世話できなかったのにこの実り、うふふ♪
この条件を探り当てて、ハウス中をこの条件に近づけることができたら!と夢うつつ。ここまでとはいかなくとも、夏バテさせることなく、継続的に収穫できるように。そのためにはまず、僕が常に健康でいなければならんのですが。今年の梅雨明け後、急にカーッと暑くなりましたからね。あのタイミングでも、どうやって夏バテさせずに切り抜けるかがポイントです。来年の課題がまた一つ、できました。
去年体験したのですが、人は美味しいと感じるものを食べると、自然に言葉として表れます。でも、今までに体験したことのないような、自分の想像を超えた味に出くわすと開口一番、美味しい!という言葉がなかなかでないものなんだ、ということ。



実に濃い緑のラインが現れてますよね。これがサインで、これが現れるとそりゃあもう、初めて口にした人は、えっ?なにこれ!といったリアクション。百姓冥利に尽きますねぇ。今年もそうなるはずです。まぁ。味覚は人それぞれですので、保証はないですが。
で、なぜそうなるのか。ほらまた、僕の好きな仮説です、クスッ。緑色をしてるってことは、そこに葉緑体が多く形成されていて、盛んに光合成を行っているはず。植物は葉っぱで光合成によって生産した糖分の余剰を果実に集めます。なので、甘くなるんです。それならもし、もしですよ、果実で糖分が生産されたら、そのまま果実に溜め込めばいい。そうしてコクが増していくのではないか、というのが今回の仮説です。それとも、この現象は葉っぱで大量に生産された成分が、果実で大量に蓄積されたときに起こるのか。どちらにしても、樹勢がすんごく高いってことは疑う余地なしです。
まもなく、収穫できます。ありがたいことに、数ヶ月前から数名の方々に、マックスを一度味わってみたいとご予約いただいてます。長らくお待たせいたしましたが、ご予約順に発送させていただきます。発送の数日前に一度、ご予約の方にメール等でご連絡を差し上げますので、もうあとほんの少しお待ち願います。このまま台風や獣害がないことを、祈ってやって下さいませ〜。
ご予約方法はこちらで〜す!



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
トマト栽培 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/1178
この記事に対するトラックバック