鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 手植え終了。なんなんだ?、この分けつは。 | main | 未来のために、己の為に。 >>

お人好しだなぁ。

熱心に質問を寄せてくれる農家さんがおられるんです。

もうかれこれ5年くらいのお付き合い。遠方ということもあって、一度もお会いしたことがないのですが、この1,2年は週に1回くらいの頻度で電話を下さいます。メインはホウレンソウなどの葉物野菜を栽培されてますが、去年からトマトも始められて、トマト栽培についてあれこれとご質問をいただきます。以前は化学肥料や農薬を頻繁に使って栽培されてましたが、近年は堆肥や有機物を主に使って栽培されていて、味がよくなってきたそうで少しはお役に立っているみたい。
で、先日もお電話があって、定植したトマト苗の葉色が薄くなって、色を濃くするにはどうしたらいいかと。どんな肥料を与えたらいいか、と。お話を色々聞いて、どうも土中の過湿はなさそうで、根腐れはなさそうな感じ。土の色が黒っぽくなく、養分がないのでは?とのご意見でしたが、定植してまもないことから、まだ大きくは生長してなく、断定はできないけど養分不足はあんまり考えられない。身体が小さいから、たくさんの養分を必要としていないだろうから。逆に、水不足で養分を吸えないことが考えられます。それと、病気ならともかく、葉色が乗ってこないのは根が活発に動いてないからでは。
で、普通は根を動かすのにソイヤを薦めるところですが(もちろん僕なら使います。まぁコスト=仕入れ値ですから)、根を動かすのに水不足を解消するか、試験的に数株にお味噌汁を与えてみることを提案しました。お味噌汁には多種のアミノ酸が含まれていて、確かグルタミン酸だったと記憶しているのですが、根を動かす作用をもっているので。また、葉色がのってないことから苦汁を薄めて与えてみることも。苦汁にはマグネシウムを多く含んでいて、植物が光合成を行うには必要な養分です。これだけではないでしょうけど。もしこの対処で葉色が乗り始めたなら、やはり根が動いていなかったことが、今回の原因になるでしょう。さらに改善していくには?その先は、ご本人に考えてもらえたらなぁって。仮説と検証の積み重ねが大事だから。

それにしても、お人好しだなぁ。そう思わない?



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
事業 | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

それが、あなたの良い点でも有りますよ。
でも、度が過ぎるとよくありません。ほんとに自分で試行錯誤してこそ身につく事の方が多いですから。こちらのおばちゃんたち「いつごろからトマト食べられるか首を長くしておられますよ〜」母上様から連絡行きましたか?
ayaya | 2012/06/28 11:58 PM
ソイヤユーザーで性能をご存知の方なので、ご自身で気づいて頂いて、使うかどうかもご判断を、と願ってます。お任せではなく、ご本人のために。
ハイ、ありまして今日、F本さんに連絡致しました。近々に実家にFAX→F本さんに。
もうしばらくお待ち下さいませ♪
RyugoH | 2012/06/29 12:06 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/1105
この記事に対するトラックバック