鍬人の野良日記

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
薪熱生活を送る日々。
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 棚田B、手植えスタート。 | main | 棚田Aの手植え終了、週末はたんぼ組。 >>

大豆の種子コーティング栽培−種まき

今日から本格的に、梅雨の季節のようで。ようやくって感じですね。
ランキングは上がりもせず、下がりもせず・・・。まぁええやないですか、ボチボチで。今日もポチッとよろしく!

夕方から降りだしました。前線と台風の影響で、当分続くようですね。この時期に、長雨直前のこのタイミングがよかったのかどうかわかりませんが、大豆(オオツル)を種まきしました。で、去年、北海道の農家さんに取り組んでいただいたソイヤの種子コーティング法で比較栽培することに。去年はとてもそんな余裕がなかったので(畑の準備ができなかった・・・)、今年は絶対に!と決めてました。



ソイヤ20倍液に20秒間つけて、水切りした後に種まきです。ソイヤを与えるのは、たったこれだけ。浸け込むかわりに、噴霧してもいいでしょう。とにかく、種をソイヤでコーティングすればいいんです。白大豆と緑豆で、比較してみます。おそらくですが、豆科ならなんでもいけるやろうし、トウモロコシとかスイカとか、大きな種ならこの方法を活かせると思います。キュウリでもええんやないですかな。小さい種でも活かせると思いますが、扱いが難しいというか面倒そう・・・。いやいや、売り手本人がそんなことをいってちゃあいけないよ、笑。ティッシュではさんで噴霧するとか、工夫次第でなんとでもなるやん!
要は、ヤル気ですな。このコーティング法、たったこれだけで1割増収が当面の目標です。



FacebookTwitter、もよろしゅうに。
- | comments(2) | trackbacks(1)

スポンサーサイト



FacebookTwitter、もよろしゅうに。
- | - | -

この記事に対するコメント

小さい種も、浸して液を蒸発させてから播きましたよ!。霧吹きで・・・これの方が少量で済し簡単そうですね!これからそうします。
昨日、焼酎にニンニク、鷹の爪放り込みました。
ayaya | 2012/06/16 1:40 PM
知人はトマトの種を取ったらティッシュではさんでそのまま乾燥保存、種まきも適当に切ってはがさずに播くそうです。
忌避材、効くといいですね!
RyugoH | 2012/06/17 8:12 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
関西地方の農業/農園/農場/農家情報で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、紹介したいNPO活動のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。
役立つブログまとめ(社会貢献): 関西地方の農業/農園/農場/農家 by Good↑or Bad↓ | 役立つブログまとめ(社会貢献)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓ | 2012/06/27 7:37 PM