鍬人の野良日記

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
薪熱生活を送る日々。
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< グレープフルーツの樹勢回復 from Aichi | main | 大豆の種子コーティング栽培−種まき >>

棚田B、手植えスタート。

入梅したんですよねぇ・・・?、なんなんだ、この暑さはぁ!
なんかズルズルとさらに落ちそうな気配ですが・・・、まぁ気にしない気にしない。今日もヨロシクね!

園部の最高気温は29.6℃、いきなり暑いったらありゃしない。今日はいつもより長めの昼休憩を。ここで無理しても長続きしなかったら・・・なので。今日から棚田Bに、コシヒカリの手植えをスタートしました。
フリーハンドにしては上出来な、まっすぐライン。それもそのはずで、今までは4列植えでしたが、2列植えで手植えしました。何回も植え歩くことになりますが、まっすぐ立った状態で植え具合=苗をいがまずに植えられているかを確認することができるので、疲れにくいんです。このほうが結果的に一日にたくさん植えられるような気がします。それに来年は手植えじゃなく種まきに挑戦するので、刈った後の残り株がまっすぐに並んでいるほうが都合がいいし、これから毎日手植えの日々ですから、これでいってみよう!
このブログを書いているときに気がついたのですが、この写真、太陽の輪郭がはっきりわかります。この撮り方なら、金環日食を観察できたよね。惜しい・・・。
今年の苗、生長がずいぶん遅い。古代米よりは生長してますが、去年より早めに植えて日数も長いのにまだこの大きさ・・・。気候の影響なんでしょうね。
棚田Bは今日で1/3くらいが終了。今年も棚田Bにソイヤ入りオカラを散布して抑草を試みますが、今年は去年のときに散布しなったエリアでやってみようと思ってます。去年散布したエリアは冬水田んぼで水が切れることなく、ほとんど草がはえてないし、手取りで十分取れる量。一方、散布しなかったエリアは水が切れている状況が続いて、冬水田んぼが十分にできませんでした。なので、このエリアで抑草できたらソイヤ入りオカラの効果とみていいでしょう。



FacebookTwitter、もよろしゅうに。
お米つくり | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト



FacebookTwitter、もよろしゅうに。
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック