鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< いただきますを考える南たんたんぼ組、今年もお手植え祭り。 | main | イセヒカリ、直播き。 >>

イチゴも農薬要らず。

今日もイイ天気。こうも暑いときに摘まむと喉を潤せます♪
上がれそうで上がれない。もどかしい日々ですが上がれると信じて今日もひたすら!ポチッとヨロシク。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

去年、ハウスのなかで農薬不使用で章姫をプランター栽培して、ダニやアブラムシ、ナメクジ被害に遭わずに収穫できました。で、普通はランナーについた子株を取って栽培し、株を更新します。が、親株がもったいないと思って、その親株をそのまま越夏させてみました。更新が面倒・・・もあったのですが。



今年もなんら被害に遭わずに、収穫期を迎えました。写真では小粒ですが、去年と同様に一番果は大粒です。ただ、食べた印象としては、去年のほうが甘みが強かったように思います。それはこの冬に栽培管理ができずに放置してしまったことが原因なのか、それとも2年目は味が落ちるのか、それとも単なる勘違いなのか・・・。でも、十分に香りよく、美味しいです♪
バラ科のイチゴ、農薬を使わずに栽培するのは困難と言われています。トマトもそう言われていますが、トマトはもともと病気に強く、安定した長期収穫は難易度が高いですが栽培自体はそれほど難しいものではありません。一方、薔薇と同じく苺はダニやアブラムシなど虫がつきやすいし、うどんこ病など色んな病気が発生します。が、今年も被害といえばアリがちょっと集っている(←たかっている)程度で微々たるもの。そういえば、今年はアブラムシの大発生がなく、それを追いかけるように大発生したテントウムシも去年ほどの数は見かけません。ハウスの環境が自然に近づきつつあり、食物連鎖が整いつつあるのでしょうか。
この食物連鎖が成り立てば、少しは被害が遭っても困るほどにはならないはずです。イチゴで最も困ると思っているのはナメクジですが、去年も今年も被害はまったくありません。僕のなかではそれなりに理由があって、理屈にあってると納得してます。でもそれはハウスだから成り立つことで、露地栽培ではその方法は非常に困難です。でもそうなるとますます、露地でナメクジ被害なく収穫したい!という欲がむくむくと沸いてきます。
もし農薬不使用の露地栽培で、被害に遭わずに収穫できたら革命的です、僕のなかでは。これができたら家庭菜園でも気軽にイチゴの栽培を楽しめます♪



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
大豆ペプチドに関する最新情報を掲載ソイヤって? 
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
ソイヤ−果物栽培 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
大豆ペプチドに関する最新情報を掲載ソイヤって? 
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/1075
この記事に対するトラックバック