鍬人の野良日記

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
薪熱生活を送る日々。
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 処理能力向上 | main | 棚田Bの今。 >>

棚田Aの今。

そろそろ気温が上がってきます。待ったなしです。
落ち着いて座れない、一進一退の毎日です。今日もポチッとオネガイシマス!

午前中は、棚田Aに入っての草取りを。気温水温が月末になると徐々に上がってきて、田んぼの草も元気いっぱい!になります。その前に手を打っておきたい。真夏の炎天下に草取り・・・は、ゴメンですからね。



ところどころにスズメノテッポウ。どうしようか・・・、結局は手取りを決行。といってもこんなにまばらにしか生えていないので、手取りといっても2.5畝の棚田A、2時間程度で終わりです。田植えの時期までこれだけしっかりと水が入っていればヒエは怖くないし、コナギも去年はぜんぜん生えてませんでしたから、と期待しています。問題は棚田BとC。これはまた後日に。
午後は先日知り合った能勢の農家さんが世話役をされている農業体験プロジェクトを、ちょびっと見学させていただきました。 家族連れの方が多く、子供たちのはしゃぐ声が絶えない、いきいきした現場。プロジェクトの内容や進行、参加者の方々の傷害保険の情報も教えていただき、有意義な時間でした。
僕も今月から農業体験プログラムを始めますが、果たしてどのくらい集まってもらえるかなぁ。まぁ、営利活動ではないし、人集めを問題にしてないので自然の流れで。自給畑で少しずつ野菜の栽培を始めてますが、説明会当日にはちょっと間に合いそうにない、かな。


FacebookTwitter、もよろしゅうに。
お米つくり | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト



FacebookTwitter、もよろしゅうに。
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック