鍬人の野良日記 〜植物栽培で大地に緑を〜

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
農業は生物学だ!
トマトは腐る野菜・・・、思い込んでいませんか?
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 生まれましたぁ! | main | 雨の秘話。 >>

バラの無農薬栽培

今日、長野のYさんから、古代米が届きました!と、ご丁寧にメールをいただきました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1月末にご予約をいただいて、随分と待っていただきましたが、果たしてお味は?喜んでいただけるといいなぁ♪♪待っていただいたのは先行販売という理由があってのことです。あっ、表記を削除するの、忘れてる・・・。先行販売はすでに終了してますので、どなた様でもご注文いただけましたらすぐに対応致しますよ。いただいたメールには、鷹の爪の紅と紙紐を使った袋閉じがかわいくて、遅れてきたお雛様みたい!って喜んでいただいたご様子、頭の固い僕にしては出来のいい仕上がりです。
長野。どこに住んでみたい?を選ぶとしたら、迷うことなく信州です。





素敵な写真を送っていただいたので、お願いして掲載しました♪♪学生時代は毎週、どこぞのゲレンデに通いました。給料はそのため、の生活でした。信州、住んでみたいなぁ。でも冬がこちらより早いし、娘たちには辛いかもね。

去年からなのかな、僕のブログを読んで下さっていて、今回ありがたいことにソイヤと忌避材もお買い上げいただきました。おおきにでした!で、Yさんからのメールにはバラを無農薬で栽培してますと教えていただいて、ウチの資材を紹介させていただいてのご購入だったのですが、バラって病気や虫の害が多い植物。同じバラ科のイチゴも無農薬栽培は難しいと言われていて、特に露地栽培はナメクジ害は防ぎようがない気がします。でも、どんな植物でも基本的には樹勢が高いと自己防衛能力も高まって、なんらかの防御・免疫機能が良く働いて、ナメクジや他の害をゼロにするのは困難でしょうけどある程度抑えることは可能ではないかと思っています。バラを栽培したことがないので、バラの無農薬がどれほど困難か!と言われそうです。
バラの無農薬といえば、僕の応援団でもある東京のYさん。あっ、どちらもYさんだ!
東京Yさんにバラアリッサムでソイヤや忌避材を使っていただいたときの写真を、以前に掲載しました。今回、長野Yさんにもご利用いただけることになったことを東京Yさんにお伝えすると、去年は忌避材をほとんど使わず、コガネムシの害が・・・。使っているときは実感するのが難しいのですが、使わないときになって(使っていたときには)虫が避けていたんだことを実感します、と。そうなんでそよね。怪しげに聞こえるかもしれない植物活性剤ソイヤもその気になって観察していないと、その効果を実感しにくいでしょうけど(注:わかる人にはわかる。当たり前か、笑)、忌避材という類の資材はなおさら実感をもつのが難しいですね。もちろん、絶対に実感が持てるのかと言われても、そこはなんとも言えませんけど。
人って、健康なときはその健康の有り難味が実感できないもの、病気などになってそれをすっごく実感します。それと同じ感覚かなぁ。大事なのは、こうやってご利用いただいた方の率直なご意見やご感想を活用させていただいて、同様に困っている人にその情報を提供すること。良し悪しに関係なく、すべてです。これがないと信憑性にかけますのでね、その業務の意味がなくなってしまいます。いや、むしろ逆効果のことだってありえますよね。いつも大丈夫といっていて、後になって実は・・・、なんて憤慨するニュースも聞きますよね〜。
百姓コンシェルジュとして、譲れない信念です。



食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
僕のトマト、お客様のご感想(Twitterにまとめてます)
オーブン不要の鍬人パン教室。自作の窯とガスコンロで手軽に焼けます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食の輪プロジェクト】 農と食の職人が美味しい食材をお届け!
FacebookTwitter、もよろしゅうに。 にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://astgreen.jugem.jp/trackback/1002
この記事に対するトラックバック