鍬人の野良日記

大型機械を使わない百姓仕事を40歳から。
自然の摂理を活かす農業を目指しています。
薪熱生活を送る日々。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



FacebookTwitter、もよろしゅうに。
- | - | -

畑の今、2006上旬

前回から1か月経ってました・・・。元気にしております。ちなみに、5月末に市から例の10万円の給付金が振り込まれ、どうやらうちの市は早いほうのようです。数年前に青枯れ病で全滅した露地Aで、今年もとまとを実験栽培してまして、

黄金週間後に蒔いて、放置栽培でも順調に生育中。こんなに近くに蒔いた覚えはないんですけど。明日からしばらく雨模様で畝が湿りそうですから、ようやく移植できます。どうか、病気になりませんように。

これは大豆。こちらも順調です。初生葉を摘んで、収量倍増計画。恥ずかしながら今は収穫できる野菜はニラだけで、大活躍してるのが、

はこべで、どんどこ増えてくれてます。くせがなく、サラダにも使えます←保証はできませんが。先日、生まれて初めてはこべに如雨露散水しました。よもぎも重宝していて毎日、よもぎ茶を。今のうちに冬用に干しておこう!とおもいつつ、なかなか・・・。どくだみも干したいんですけどね。この露地Aに何者か小さい動物が入ったようで、

リサイクルでガード。

工事用フェンスで囲まれている棚田も、そろそろ活用しなければ。と、

入り口を直したり、

フェンスに沿って伸びているつるをカットしたり。幹を太くして、さびさびフェンスを補強できるんじゃないかと。除去しなきゃいけない・・・となると大変ですけどね。この棚田、けっこう広くて、

草刈りが大変です。が、将来は果樹をメインにいろいろ栽培したいなぁ〜と目論んでます。そうそう、フェンス際に、

タラを栽培してまして、どんどん増やしてテンプラに。フェンスよりいくぶんか大きく育てて、鹿が飛び越えないようになるんじゃない?と一石二鳥狙い✊

育ってる大きなクリの木を一部残して、ハンモックもいいなぁ。栽培だけじゃなく、農業体験に来ていただいた方の遊び場や休憩場所も。



FacebookTwitter、もよろしゅうに。
農作業 | comments(0) | -

生きてた!

僕もなんとか、生きてます。今日、新しいバイト先ができて、半日とかで時折いただけそうです。で、生きてたのは、

友人から去年にいただいて植えた無花果の苗木。一昨年の大型台風で柵が壊れて、葉っぱをおそらく鹿にさんざん食まれてほぼ諦めてましたが、新芽を1個だけ見つけました。

こちらは、

別の友人からいただいたタラノ木の苗木。7本ほどいただいて、3本が生きてました!

タラノ木を増やして春のお楽しみに♪と狙ってます。獣害さえなければ、タラは強いので勝手にどんどん増えるはずです。

無花果も増やしたいので、

3月だったかに挿し木苗としていただいて、根っこが出かかった4本を植えてみました。今のところ、

順調に育っているような。まだ台所で水挿ししてる苗木があるので、友人曰く「根がしっかりでてから植えたほうが確実に」ということなので、もうしばらく水挿しで様子見してから植えることに。将来、無花果が採れたら、ドライイチジクを作ってmyシュトレンに🍞

タラノ木も苗木で増やしたいなぁ。

 



FacebookTwitter、もよろしゅうに。
農作業 | comments(0) | -

畑の今、2004前半

久しぶりに野良仕事の話です。相変わらず露地Aだけですが、四つ足どもの侵入を許さずに防御できてます。でも、危ない場所があったので、

気づいたときに補修や補強を。木製パレットが腐らない限り、イノシシは大丈夫。穴を掘って侵入されたことはありません。まぁ、過去にないからといって、この先もという保証はないですが。ひょっとしたら鹿が飛び越えるかもしれませんので、パレットの上方もなんらかの手だてをしたほうが良さそうです。露地Aで栽培を始めて8年くらいたったでしょうか、

大きく育ったイネ科の野草を三角ホーで叩いたりして、かなり減ってきました。かわりにはこべやれんげ、カラスノエンドウ、よもぎなどが増えて、イネ科が育つ環境も減ってきたようです。耕さず、ひたすら刈り草などを積み重ねて。今期も、

宮重くんは元気に育ってくれました。ニラは野草に埋もれながらも、株がどんどん勝手に増えてくれて、重要な食材に。大蒜もちょっとひょろっとしてますが、無事に育ってくれてます。先日蒔いた、

宮重くん。雨予報の前日に蒔いて、無事に。春蒔きは久しぶりのような。秋蒔きと違って、これから気温が上がって虫たちが活発になります。果たして、無事に育ってくれるかどうか。コロナウィルスによる自粛で、例年よりはるかに食材の自給をしっかり行っていく必要があります。一応、農家ですし。よもぎなど野草も貴重な食材になっていきそうです。

今期のライ麦は、

順調に育っていて、例年より間引きを十分に行ったからか、草丈が低く、どっしりした感じに見えます。今期の収穫がめっちゃ楽しみです♪

先月で自治会三役を卒業し、一昨年の大型台風で大々的に破壊された棚田の柵を、ちょっとずつ修復中です。できれば来年から栽培を再開したいとおもってますが、うーん、微妙・・・。ビニールハウスは相変わらず、手付かずのまま。今年も露地Aでちょっとだけになりそうで、せっかくの機会なので直播をやってみようか?と。これから野良仕事も忙しくなってきますが、

この作業も暮らしに事業に、重要性が増してきました。合間合間に拵えていきます✊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



FacebookTwitter、もよろしゅうに。
農作業 | comments(0) | -

Myシュトレンへの一歩

最近ようやく、焼けるようになってきました。マキロケ2号の燃焼室やダクトをあーだこーだと改良し続け、

1時間に10個のペースで焼けて、だんだん好みの焼き色に近づいてきました。まだ薄めのときがあったり、生地底が一部焦げたりしますが、だいたい15分で同時に3個焼けるまでに進化。1時間に10個焼ければ、ひとまず十分。焼き続けてきた甲斐がありました!

気に入ってくれた友人から、「レーズンと胡桃が入ったパンを焼いてほしい!」とリクエストをいただき、見た目はバラバラでしたが気に入ってもらえたか?気になるところです。昨年末、別の友人からもシュトレンが食べたい♪と試行錯誤でそれらしく焼いて、気に入ってもらえたこともあり、今回も気に入ってもらえたなら、Myシュトレンを目指したいなぁ、と。そうなると、葡萄や胡桃の苗木を買ってきて、植えないと。場所はあるんですが、一昨年の台風被害で一旦栽培を止めた果樹園棚田の復活に着手✊

まずは伸び放題のつるをカット。台風被害にあうまでは、つるを勢いよく伸ばしたら、鹿が飛び越えにくいはずとおもって伸ばしてたら、直撃の強風にあおられてフェンスがグラグラになった個所があちこちに発生・・・。で、つるは落としますが、フェンスに絡まり太く育った茎?は残すことに。イノシシの突破を防ぐ丈夫な柱として活かせるのではないかと←気の長い話(笑)。毎年つるは伸びますので、伸びる度に切り落とす手間がかかりますが、資材を買うことなく年々防御力がアップしていくのなら、その手間を選択してみることに。

つるの重さは相当なもので、倒れたフェンスはびくともせず。せっせと切り落として、たまたま近くに転がってたドラム缶に踏ん張ってもらうことに。四つ足どもが入れないように柵を補修し、前の人が植えた栗の木にはおさらばして葡萄以外にもいろんな果樹を栽培したい。栗の農薬不使用栽培は難しいし、そもそも栗にはあんまり興味ない。渋皮煮は美味しいけど、己で作りたいとはおもわない。それよりも、シュトレンの材料確保と、季節の果物をちょっとずつ楽しめたら♪

で、先日。友人宅に行って、無花果の枝をもらってきました。今、水挿し中。強いのでたぶん、でてくるでしょう。で、ドライイチジクを作る予定。くるみの栽培ってどうなんかなぁ。年数がかかりそうな気がします。まぁ、葡萄もかかるでしょうけど。胡桃の代わりに、落花生じゃダメですかねぇ。

あっ、温州みかんは外せません!

1年のうち、果物でなにか1種類だけ買ってもいいって言われたら、冬の甘酸っぱいみかん。みかんとお餅は正月に絶対必要。あっ、この前、捏ね機を譲ってもらったから、お餅も捏ねてもらえるねぇ。うーん、もち米も水稲棚田を復活させたら、する?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



FacebookTwitter、もよろしゅうに。
農作業 | comments(0) | -

畑の今、1911下旬

今年はすっごく重宝しました!

 

続きを読む >>

FacebookTwitter、もよろしゅうに。
農作業 | comments(0) | trackbacks(0)

畑の今、1910上旬

依然として狒忙澂畄兮鈎罅
 

続きを読む >>

FacebookTwitter、もよろしゅうに。
農作業 | comments(0) | trackbacks(0)

アキノタネマキ、2019

朝晩めっきり涼しくなりました。
 

続きを読む >>

FacebookTwitter、もよろしゅうに。
農作業 | comments(0) | trackbacks(0)

畑の今、1909上旬

この時期になっても。

続きを読む >>

FacebookTwitter、もよろしゅうに。
農作業 | comments(0) | trackbacks(0)

かぼちゃ売りのおっさん

10年目にして初めて、なれるかもしれません!

続きを読む >>

FacebookTwitter、もよろしゅうに。
農作業 | comments(0) | trackbacks(0)

畑の今、1908下旬

うっ、2か月近くも疎かにしてしまいました。

続きを読む >>


FacebookTwitter、もよろしゅうに。
農作業 | comments(0) | trackbacks(0)